お盆の風習 お盆の風習

お盆の風習を知っていただけるよう、出雲地方の習わしを交えながらご紹介します。

ご先祖様と今は亡き大切な人を偲ぶ「お盆」

 亡くなってしまった懐かしい家族や、ご先祖様の霊をお迎えする「お盆」は、生前の悪い行いのためにあの世で苦しみを受けている死者を供養して救う「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という仏教の風習と、日本古来のご祖先様の霊を迎え祀る「祖霊祭(それいさい)」や「水神祭」「収穫祭」が結びつき、一般に広まったといわれています。 現在では、お盆の期間は8月の13日から16日までのところが多いようです。

「迎え火」と「送り火」

「迎え火」はご先祖様の魂が迷わず家に帰れるように、目印に焚く火で、お盆の入り口にあたる13日の夕方、門口や庭、お墓で苧殻や稲わらを燃やして火を焚きます。 ご先祖様の霊は「迎え火」の煙に乗って家に入られるといわれていて、島根では迎え火を焚く際、「仏さん、仏さん、この火の明かりで、どうぞ来てござらっしゃい」「仏さん、仏さん、この明かりでござっしゃいよ」などと唱えます。
お盆の最後の日には、ご先祖様の霊があの世へ戻る道を照らすように、迎え火と同じ場所で「送り火」を焚きます。

精霊棚とお供え物

 精霊棚は「盆棚」とも呼ばれ、近年では、仏壇のそばや縁側に精霊棚を作ります。お盆の間、家に迎え入れたご先祖様の霊は、精霊棚に祀ります。精霊棚は、棚や台にマコモで編んだゴザを敷き、位牌、生花や精霊馬、お供え物などを並べます。
現在も残っているかわかりませんが、古く出雲地方では、ご先祖様の霊を祀る精霊棚とは別に庭先や川端に「餓鬼棚」「無縁棚」「ホウケ棚」と呼ばれる精霊棚をつくり、ご先祖様同様のお供え物をしたそうです。これは餓鬼、無縁仏などに施し祀り、仏界安寧を願う習わしです。

ご先祖様や最愛の人の精霊に感謝し、お帰りになったお盆のひとときをごゆっくり、そして楽しくお過ごしくださいますように・・・、そんな祈りを込めて「盆の送り火」をお供えされてはいかがでしょうか?
「盆の送り火」について詳しくはこちらをご覧ください。

キュウリの馬とナスの牛「精霊馬」

精霊棚にお供えする精霊馬は、キュウリとナスに、苧殻や割り箸の足を付けて馬や牛に見立てます。これは、ご先祖様の霊が早足の「キュウリの馬」に乗って、早くこの世につくように、「ナスの牛」におみやげをいっぱい積んで乗ってゆっくり帰ってほしいという願いが込められています。
また、「精霊蜻蛉」と俗称される小さな蜻蛉の背中に乗って、ご先祖様の霊が行き来されると伝わる地方も多いようです。

精霊馬

「新盆」の供養は特にていねいに

 ご先祖様の精霊は亡くなった人が子孫の供養を受けて清められ、祖先一般の集団霊、祖霊となったもので、神になっているものと考えられています。
ただ、あの世へ行ってからの年月が、まだ浅い新精霊、新仏は、この世に未練がの残り、荒々しさが残っているとされています。 そのため、四十九日を過ぎ、初めて迎えるお盆を「新盆」「初盆」といい、特に手厚く供養します。
お盆の準備も早めにはじめ、供養も長めに行うことが多いようです。
新盆の家では、初めて帰ってくる故人の霊が迷わないための目印として、新盆用の白提灯を、玄関や部屋の窓際、仏壇の前などに吊るします。 新盆を迎えた家へ、親戚や故人と親しかった方が、盆提灯を贈るという習わしは古くからあります。

最近では、飾りつけの手間や保管の大変さから盆提灯を送る習慣も減ってきましたが、普段よりご仏壇に常用花としてお供えいただける「盆の送り火」は新盆の贈り物としてもお勧めです。
「盆の送り火」について詳しくはこちらをご覧ください。