野辺の送り火の使い方の一例

野辺の送り火の使い方の一例

多くの皆様に色々な場面でお使いいただいております。その一例をご紹介いたします。

葬家から

大切なご家族の最期に、在りし日の思い出が走馬灯のように思い出されます。 今まで本当にお世話になった感謝の気持ちや長い人生さまざまなご苦労から解放され、安らかな天上界へのお旅立ちを願う・・・そんな想いを

ご親族から

何かある度に、本当に親切にしてもらった、そして、いつも優しい笑顔で迎えてくれた。そんな亡き方への感謝の気持ちを伝えたい・・・そんな想いを

小中高校などの同級生から

幼い頃一緒に遊んだ懐かしい思い出、学校での楽しかった日々、 一緒に頑張ったクラブ活動の思い出がよみがえり、同級生の仲間でお見送りしたい・・・そんな想いを

趣味の会など身近なお仲間から

好きなものなど、共通の話題で楽しい時間を過したお仲間との突然のお別れ。 寂しいけれど最後に別れの言葉を一言添えて送りたい・・・そんな想いを

職場の同僚(従業員)の皆様から

ついこの間まで、家族より長い時間を一緒に過し、苦労も喜びも共に分かち合った同士との突然の別れに気持ちを伝えたい・・・そんな想いを

老人福祉施設の職員様、利用者様から

老人福祉施設で晩年をお過ごしになられる方々が非常に増えてきています。 施設の職員様や同室の皆様より、故人様が晩年を共に過ごされた思い出がよみがえり安らかな旅立ちを願われて・・・そんな想いを

終活セミナーを通して

終活セミナーを通して、ご自身の人生を振り返る意味でも、 ご家族やご縁のあった方々への気持ちをご本人様に事前に言の葉にお書きにいただきます。それを葬儀社様やご家族様にお預けいただき、 お亡くなりになられた際に、ご遺族にお渡しいただくことで、故人様ご家族様双方の感謝の気持ちがお伝えできる感動のお見送りになれれば・・・そんな想いを

Copyright © SOUHAN. All rights reserved.